不動産を買いたいときの基礎知識。

口コミ評価

5
(2)
星5つ ★★★★★ 2
星4つ ★★★★ 0
星3つ ★★★ 0
星2つ ★★ 0
星1つ 0
     

不動産を買いたいときの基礎知識。の口コミ・評判

口コミ件数2件


不動産を買いたいときに検討することとは?

管理人は、ネットで不動産 武蔵村山市などで調べ、武蔵村山市の不動産を購入しました。

不動産の購入を考える場合にはどのようなことを検討しておけば良いか、また、それらを検討するにあたっての注意点について解説します。

どのくらいの予算で探すか
不動産の購入にあたり、どのくらいの予算で物件を探すことができるのか検討しておくことが大事です。その理由は、不動産会社に物件探しを依頼するにしても、予算が定まっていないと探しようがないからです。

また、予算を立てるうえでその内訳として、住宅ローンを組むのか、すべて自己資金でまかなうのかなどについても確認しておくことが必要です。

特に、住宅ローンについては現在の収入でいくらまで融資が受けられるのか、大まかな金額を把握しておくことが大事です。また、融資が受けられたとしても、その返済が月々どのくらいになるのか、その返済をしながら暮らしていくのに問題はないかについてもあらかじめ知っておくことが必要です。

不動産の購入には、本体価格のほかに付随する費用が必要となります。購入形態や条件によって異なりますが、主な付随費用としては以下のものがあります。

仲介手数料、登記費用、契約印紙代、固定資産税等の清算金、不動産取得税、融資保証料、火災保険料、修繕積立一時金、引越費用など。

これらの付随費用を対象としたローンやこれらを含めて融資する住宅ローンも見受けられますが、基本的にはこれらの費用は現金による支払いが一般的です。なのでこれらも資金計画に入れておく必要があります。

どの地域やで探すか
どのエリアで探すかもあらかじめ決めておかなければならないことです。不動産の購入活動を続けていくうち、希望のエリアと希望の予算では、満足いく物件を見つけることができない場合、郊外に希望エリアを拡大するなど、活動の過程において変更が必要となる場合もあります。希望の沿線や駅、駅からの距離などをある程度希望の地域を広く定めておくことも必要になる可能性があります。

さらに戸建住宅を購入するのか、マンションを購入するのか、新築物件か中古物件かなどについてもあらかじめ考えておくことが必要です。それぞれにメリットデメリットがありますので、特徴を考慮して考えておくことが必要です。

どのくらいの広さ・間取りで探すか
どのくらいの広さ・間取りの物件を探すかもあらかじめ決めておかなければならない重要な事項です。また、方位や階についても、こだわりがある方は条件を決めておくべきでしょう。駅からの距離、築年数、建物の広さ、方位、マンションの場合は階数など、さまざまな要因のなかで優先順位などを整理しておくと、物件探しがスムーズに進みます。

a
2019/10/4 /  
a /  
a /  
a /  

a

口コミ投稿フォーム

タイトル
性別
年齢
職業
評価 ★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★
コメント
口コミを投稿する

「不動産を買いたいときの基礎知識。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です